ポチっとしてね♪

  • ポチッとよろしく!

ポッキークロック

STARBUCKS COFFEE

uniqlo calender

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年7月

2013年7月26日 (金)

なるようになるさ。#3

こんばんは、さふらんです^ ^

さふらんは予告通り、救命病棟24時と、なるようになるさ。を見ています。

今日は、なるようになるさ。のお話。

とりあえず二話までは、館さんと安田さんを追っていたのですが、

第三話で始めてストーリーに入れた。

ワタシね、昇くんと同じようなこと言われてるんです。

ピン子さん的立場の方に、同じような感じで同じような内容を。
それで、昇くんと同じような表情で聞いていました。


もうね、感情移入もいいところです。


私は自分の好きなことをやりたいとしか考えていない。

でも、その人はもったいないって言う。
せっかくここまで来たんだからって。

で、昇くんが言ったこととワタシは同じように言ってました。

今まではこういう風に生きるのが幸せなんだって信じてた。


まさに同じようなこと言ってたんです。


なんかね、昇くん、あたしと一緒みたい。

って考えたら、なんかほっとしちゃいました^ ^


ピン子さん側の気持ちも分かってるんだよね。

でも、そういう風に見られるのが嫌になっちゃったんだよね。


と、TVに話しかけながら見るワタシ。

あまりに自分の悩みと同じように展開されていたからびっくりしちゃって。


でも、決定的に違うのは、私はそれでキレちゃったところ。

もちろん長年お世話になってる方だから、その時は何も言えないで耐えてたけど、

何でそういう風に易きに流れようとするの?


って言われて、キレちゃったんです。


もちろん、その人の気持ちも分かる。
将来的には、そうした方がいいのかもしれない。

でも、その人のいうことにもう疲れちゃった。

昇くんの場合は、東大入ったとか、一流企業に入ったとかだけど、
そういう肩書きなんて正直プレッシャーになるだけ。
そういう肩書きが型にはめようとさせるだけ。

もう、最後くらい自分のやりたかったことさせてよ。

昇くんにも、そういう気持ちがあるんじゃないのかな。

そう思ったらなんだか非常に共感して、泣きそうになりました。


今日だけは、普通に見られなかった。


でも、あたしはまだまだ子供だから、

昇くんみたいにちゃんとハッキリいえなくて。
あと、親はあたしの考えを分かってくれてるっていうのも昇くんと違うけど、

本質はきっと一緒なのかも。


にしても、やりたいこと、好きに生きたいこと、否定されたのは一緒。

あたしは易きに流れるって言われたけど。

すごく悔しかった。

自分の好きなことができるほんのわずかのために、
何年も大変な方に食らいついてきたのにね。

そのほんのわずかの時間くらい、残してよ。取り上げないでよって。


言ってやりたいです。

自分と同じような昇くんが、これからどう頑張るのか楽しみです。

ストーリーに楽しみができました^ ^

少し暗めになってしまったので、
別館に3話のちょいアホな妄想を書き連ねようと思います。


昇くんもさふらんも頑張れ^ ^

2013年7月20日 (土)

風立ちぬ。ジブリ最高。

こんにちは(^ ^)さふらんです。

今日は7/20、風立ちぬの公開日ですよ。

というわけで、いってきました公開初日!
ほぼ満員御礼!

ネタバレの可能性はないと思われますが、
今日はジブリの話を。


風立ちぬ、すごくよかった。
久々、宮崎駿!!って感じました。

風景の絵、情景描写、人物の心理描写。
すべて絵と音で表現できる、
こんなすごいことって無いと思います。

私ね、ジブリがすごく好きなんです。

ジブリっていうか、宮崎駿さんが好きなんです。

普通アニメーションって、何十年後の違う世代が見たら、
共感できなかったり、違和感があったり、するじゃないですか?

でも、宮崎さんの作った映画って、

何十年も生き続けてると思うんです。


だって、私の1番好きな映画は、未だに天空の城ラピュタなんですもん。

例えばラピュタは、私が生まれる、10年以上前に作られたのに、
今の若い世代も好きでいられるって、
すごいことですよね。

そういう意味では、日本を代表するアニメーションだなって思うんです。


そして、手描きだということ。

コンピューターが当たり前の時代に、ジブリは手描きで携わってる割合が多いと思うんです。

風立ちぬは、すごくそのよさが出ていました。

緑の風景とか、海とか、空とか。
手描きじゃないと出ない味ってあるじゃないですか。

中でも1番好きなのは空。細かくいって雲。

ジブリ作品の中で、雲はいつもよく見ています。

ラピュタ、風立ちぬは、ありがたいくらいに雲のシーンが多い。

雲って、描くの難しいんですよ。
自然に出てきて、自然に消えて行く雰囲気を濃淡つけて表現するのって大変で。

でも、ジブリ作品の雲は、不思議なくらいに自然。

流れがあって、その次の展開まで予想できるくらいに、
雲の描写がしっかりしていて。

すごいな〜って思うんです。

こういう一場面にしても、いろんなスタッフさんが関わって作ってるんだな〜と、
いつも感動してます。

曲も綺麗。

わたしは久石譲ファンですが。

ホントジブリのサントラはいろんなところで使われてますよね。

スバラジ、やっさんいい人伝説ではなぜかラピュタの飛行石のテーマ曲が使われてます(笑)

主題歌もいい曲ばかり。

今回はユーミンでしたね。

荒井由実表示だったから、録りなおしはしていないのかな?

魔女の宅急便でも、主題歌、挿入歌ともにユーミンですけど。
この曲には思い出がありすぎて(^ ^)

風立ちぬの“ひこうき雲”も、映画にすごく合ってました。泣けました。

ユーミンのベスト聞きなおそうかな(笑)


風立ちぬの記事は、もうちょっと経ったら書きたいなと思います。
まだ公開したばかりだし。

でも、見ていて、
ジブリってやっぱりいいな。すごいなって思いました。

2D、手描き、万々歳です。

素晴らしい映画をありがとう。

2013年7月15日 (月)

お知らせです^ ^

こんにちは、さふらんです。

いろいろ書きたいことあるのですが、

なんだか無償に気になったことがあり。
自己満足ですが、別館に書かせていただきました。

久々にガッツガツとフラストレーション解消しようとしております。(笑)

なんせ、画像をガッツガツ使ってるので。
あっちのほうがやり方がわかりやすくて(^^;;

エイトゴトです。
興味のある方はどうぞ^ ^

URL


2013年7月 6日 (土)

敬愛するバンド。

こんにちは。さふらんです。

はあ、やっとこさテスト終わりました。

それなりにすごい点数が来てもろもろビックリですが(^^;;

今のところ、すばるポイント回避なう。


いろいろ。お話したいことたくさんあるんですけど、とりあえず、言いたいことを先に言ってしまいたい。
もう、日々のよしなしごとを書くすごいゆるい日記らしきもんを最近別サイトで書き始めましたもん(笑)
興味のある方は頑張って見つけてみてくださいな(笑)

今日は嵐ゴトでもエイトでもなく。
私の敬愛するバンドさんのお話。

私の大好きなバンド、LAID BACK OCEANさん。

ひと月くらい前でしょうかね?

大事なお知らせ、を公式サイトにて発表されました。


ベースのYUTAROさんとピアノの◯貴さんの脱退報告でした。

本当にこのお二人は、私がLAID BACK OCEANを好きになっていくきっかけでもあったので。


すごくビックリだし、ショッキングでした。

YUTAROさんは、ベースプレーに定評があったし、ベーシストとしてもすごい方で。

そして、美的センスが秀逸。感覚が洗練されていて、惹きこまれるものがあって。

グッズやアルバム、ロゴのデザイン。どれも素敵なものばかりだった。

私はミニアルバムの、心の箱のデザインがすごく好きで。

あれを見た時、始めてジャケットにため息が出た。
ここにも載せたことあったなあ。

どうしたらあんなに美しいものが出て来るんだろう。

本当に大好きでした。


◯貴さん。

私が始めて聞いたLAID BACK OCEANの曲、せんたくのじゆう。
イントロは◯貴さんのピアノでした。

スバラジ付けっ放しにしていたら、いきなり流れてきた綺麗な旋律。

わっ!こんな綺麗なピアノの弾き方ってあるんだ!

最初のピアノに衝撃を受け。

それから◯貴さんのピアノがどんどん好きになり。

スローな曲からロックな曲まで幅が広くて、
弾き方もカッコ良くて。

◯貴さんの声も大好きで、オポちゃんも可愛らしくて。

コンポーザーとして大きな役割を果たしていた◯貴さんには、尊敬するばかりです。

2人とも、真剣に音楽を愛し、考えて、やりたいことにまっすぐだったから、
新しい道を選んだのよね。

あの5人の音楽が聞けなくなってしまうのはとっても残念ですが、

これからも、自分たちの音楽を突き詰め、素敵なものを作り続けていきたいです。


そして、LAID BACK OCEANのこれから。

新しい音楽を求めて…の言葉を、信じています。

次の詞、次の音。

ここから始まるLAID BACK OCEANを、楽しみに待っています。


最後に。

LAID BACK OCEANさん、undervárさん。

これからも応援してます。


LAID BACK OCEANさんのHPはこちら。

→http://laidbackocean.com/


undervárさんのHPはこちら。


→http://undervar.net/


敬愛するバンドがまた増えました。


« 2013年6月 | トップページ | 2013年12月 »

お気に入りの本とDVDシリーズ。クリックどうぞ^^

記念日 COWNT DOWN

読者の皆さん、メール待ってます♪

さふらん's Favorite singer

  • ☆嵐
  • ☆関ジャニ∞
  • ☆LAID BACK OCEAN
  • ☆TOTALFAT
  • ☆THE BLUE HEARTS
  • ☆ザ・クロマニヨンズ
  • ☆ゴールデンボンバー
  • ☆葵
  • ☆Vivid
  • ☆シド
  • ☆SuG
無料ブログはココログ